• ハーブを使ったねずみ駆除の方法

    天井裏がカタカタと音を立てたり、ガリガリと壁を引っ掻くような音が聞こえたら、ねずみの存在を疑うべきでしょう。ねずみは食料を荒らしたり、糞をすることでも、人体に害を与えます。また、直接的な被害でなくても、家の中で小さな物音がすると、敏感に反応してしまい、ねずみの存在を思い出すのです。
    これは大変なストレスになると言えるでしょう。早々にねずみ駆除をしなければなりません。
    放っておくと、ねずみはどんどん繁殖して手がつけられなくなります。

    そういう事態になる前に、ねずみ駆除する方法を考えましょう。



    なるべく人体に影響がなく、ストレスを感じない方法でと思うのならば、ハーブなどの植物の香りが効果的です。


    動物は基本的ににおいの強いものが苦手ですが、ねずみも同様であり、きついヒリヒリとしたにおいを嫌います。



    例えば、ミントやハッカのような、さわやかですっきりとさせる香りを苦手としているので、これらを小さな鉢植えなどに入れて室内に置いたり、ガーデニングの際、ハッカなども一緒に植えると自然の忌避剤になり、ねずみ駆除をすることができます。市販の忌避剤の成分にも、ハッカなどは使用されているので、効果のほどは信用できるでしょう。

    これらは化学的に作られた有毒な物質を使って、殺すわけではないので、死骸の後始末をする必要もなく、精神的には大変良い方法です。



    人間にとっては、むしろよい香りなので、それを楽しみながら、ねずみを追い出すことができるのです。

    ぜひ試してみましょう。